代表:樋口恵子(ひぐち けいこ)
代表顔写真
  • 1932年 東京生まれ
  • 1956年3月、
    東京大学文学部美学美術史学科卒業
    東京大学新聞研究所本科修了
    その後、時事通信社・学習研究社
    キヤノン株式会社を経て、
    評論活動に入る
    東京家政大学教授(2003.3まで)
  • 現在、評論家
    NPO法人「高齢社会をよくする
    女性の会」理事長
    東京家政大学名誉教授、同大学女性未来研究所長
    「高齢社会NGO連携協議会」代表 (複数代表制)

主な著書
*海竜社 『女、一生の働き方』
『たった一度の女の人生』
『老い方の上手な人下手な人』
『女の人生関係学』
『女の人生七転び八起き』
『こんなふうに老いたい』
『主婦が変わる時』
『生き上手は老い上手』
『樋口恵子の元気が出る老い方』
*文化出版局 『女の子の育て方』
『私の老い構え』
『ローバは一日にして成らず』
『働きながら老人介護』
『過ぎてしまえば短い一生』
『午後咲く花』
『五十代、女ざかりと男の自立』
『私の老い構え』(改訂版) 〜元気に老いる女の十六章〜
*明治図書 『親と子の距離を考える』
『育児は育自、教育は共育』
『他人が見える教育』
*フレーベル館 『共働きの子育て』
*労働旬報社 『女と男の老友学』
*草土文化 『高齢化社会へのパスポート』
*有斐閣 『女の人生何時でもスタートライン』
*ドメス出版 『サザエさんからいじわるばあさんへ』
*筑摩書房 『私は13歳だった』(一少女の戦後史)
※第43回全国高校生感想文コンクール課題図書となる
*学陽書房 『盛年』〜老いてますます〜
*大和書房 『ワガママなバアサンになって楽しく生きる』
*グラフ社 『チャレンジ』〜70歳の熱き挑戦〜
※都知事選蛮勇の記
*新水社 『祖母力』 〜祖母力が日本の未来を救う!?〜
*講談社 『祖母力』 文庫版 〜娘・嫁・息子を救い 孫を守る愛の手〜
*NHK出版 『人生100年 女と男の花ごよみ』
*中央法規出版 『大介護時代を生きる』
*ミネルヴァ書房 『人生100年時代への船出』
*主婦の友社 『おひとりシニアのよろず人性相談』
編著(共著を含む)
*中央法規出版 『対談 家族探求・・樋口恵子と考える日本の幸福・・』
*労働旬報社 『女はなぜ子どもを産まないのか』
*三省堂 『花婿学校』
*翻訳本 『沈黙の季節』 ゲイル・シーヒー著
*監訳本サンブックス 『めざせ100歳!』
デービット・マホーニー / リチャード・レスター著
*講談社 『70代三人娘、元気の秘訣』
その他多数
審議会等
  • 地方分権推進委員会委員
  • 総理府男女共同参画審議会委員
  • 内閣府男女共同参画会議議員
  • 男女共同参画会議・基本問題専門調査会委員(福田・麻生内閣)
  • 「仕事と子育て両立支援専門調査会」会長
  • 厚生労働省社会保障審議会委員
  • 社会保障国民会議委員
などを歴任。