NPO法人高齢社会をよくする女性の会
−すべての生命の尊厳と輝きを保持する社会をめざして−

 2005年1月7日に、NPO法人高齢社会をよくする女性の会は、内閣府よりNPO法人の認証を受け、衣替えをして新しいスタートを切りました。

 活動の基本路線と目標は、1983年の設立当初からいささかも変わっておりません。前人未踏の超高齢社会はいよいよ21世紀これからが本番です。世界の先進国の中でも、日本はついに先頭グループとしてトップを切って進むことになりました。もう外国にお手本はありません。同じ高齢化の道を進む国の人々と緊密に情報を交流しながら、人類の知恵を集めて、自らの手で豊かな超高齢社会を創造する必要があります。

 高齢化は世界の人口のなかでますます大きな比重を占め、その中でも平均寿命の長い女性は多数派を形成します。経済的にも、健康面においても、ライフスタイルの面においても女性の視点を踏まえながら発言し行動していくことはますます重大な課題です。若い時期からの雇用における賃金格差や社会保障面における男女格差、資産形成の機会の格差などが高齢期には集積して顕在化します。一方で男性もまた、人生50年社会に形成された仕事一辺倒の生き方では、人生一世紀社会とも言われるこの超高齢化社会を充実して過ごすことはできません。

理事・監事

理事長 樋口恵子 (プロフィール)
副理事長 沖藤典子
袖井孝子
理事
青木千代美
秋山ちえ子
浅川典子
石毛^子
稲葉敬子
井上千津子
井上由美子
岡本祐三
加藤尚子
木村民子
清子
木間昭子
小林敏子
白井千賀子
高野逸子
高見澤たか子
谷内眞理子
富井明子
冨安兆子
中西豊子
中村龍子
野田法子
野中文江
濱田 利
早川和男
藤井治枝
堀口雅子
松田敏子
松村満美子
望月幸代
谷島陽子
横路由美子
吉沢久子
渡辺敏恵
監事 渥美雅子
藤原房子
2014.7.1現在(敬称略・50音順)

NPO法人高齢社会をよくする女性の会・定款抜粋

第1章 総則

第1条

この法人は、NPO法人高齢社会をよくする女性の会という。

第2条

この法人は、主たる事務所を東京都新宿区新宿2丁目9番1号第31宮庭マンション802号に置く。

第2章 目的及び事業

第3条

この法人は、高齢社会における問題を総合的に調査研究するとともに、共通の目標を持つ国内外の個人・団体に対して情報提供・交換等の協力活動をとおして、すべての人に、高齢社会を考える福祉と社会教育の推進並びにより望ましい高齢社会を男女共同参画社会の視点からこれの実現形成に資することを目的とする。

第4条

この法人は、第3条の目的を達成するために、次に揚げる種類のNPOを行う。

  1. 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
  2. 社会教育の推進を図る活動
  3. まちづくりの推進を図る活動
  4. 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
  5. 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
  6. 消費者の保護を図る活動
第5条

この法人は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。

  1. NPOに係る事業
    1. 高齢社会にかかわる問題の調査研究事業
    2. 虐待防止や消費者、利用者としての高齢者の権利擁護のための政策提言・支援・相談
    3. 一人暮らし高齢者のグループ作り、生活調査など社会参画、福祉の増進に関する啓発事業
    4. 高齢社会を支える国内団体等との情報交換・交流事業
    5. 国外グループとの情報交換・交流事業
  2. その他の事業

第3章 会員

第6条

この法人の会員は、次の2種とし、正会員を持ってNPO促進法(以下「法」という。)上の社員とする。

  1. 正会員 この法人の目的に賛同して入会した個人及び団体
  2. 賛助会員 この法人の目的に賛同し、本会の活動を支援するために入会した個人又は団体
第7条

会員の入会については、特に条件を定めない

第8条

会員は、総会において別にさだめる入会金及び会費を納入しなければならない。

第10条

会員は、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して、任意に退会することができる。

第12条

既納の入会金、会費及びその他の搬出金品は、返還しない。

第13条

この法人に次の役員を置く。

  1. 理事 20人以上60人以内
  2. 監事 1人以上2人以内
    1. 理事のうち、1人を理事長、2人を副理事長とする。
第14条

理事及び監事は、総会において選任する。

第16条

役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

第5章 総会

第21条

この法人の総会は、通常総会及び臨時総会の2種とする。

第22条

総会は、正会員をもって構成する。

(細則)
第56条

この定款の施行について必要な細則は、理事会の議決を経て、理事長がこれを定める。

NPO法人高齢社会をよくする女性の会の概要

設  立 1983(昭和58)年3月18日
会員数

個人会員:約1000名 グループ会員:約100団体 賛助会員:10団体

 会員は、全国各地の研究者、福祉・医療専門職、行政職員(とくに地方自治体職員)、地域ボランティアリーダー、介護を担っている主婦など多様です。男性会員は現在約30名。

活  動
  1. 高齢社会にかかわる問題の調査・研究
  2. 情報・資料の収集と発信、高齢社会を支える地域活動
  3. 高齢社会にかかわる政策提言
  4. 各県持ち回りの大会(年1回)、研究会、講座、講演会等の開催
  5. 国内外のグループとのネットワーク・国際会議への参加
  6. 会報・研究報告書等出版物の刊行

ご入会方法

  1. 入会金および会費: 入会金一口¥1,000
    年会費: 個人/¥6,000  グループ/¥12,000
    賛助会費: 一口5万円以上
  2. 入会方法:
    氏名(フリガナ)、性別、生年月日、住所、電話&FAX、お差し支えなければ勤務先または連絡先、仕事または活動などをご記入のうえ、事務局までメール・FAX・ハガキでお申し込み下さい。
  3. 入会金と会費を下記の口座にお振り込み下さい。払い込みをもって会員登録が完了します。
  4. 郵便振替:
    00100-0-79477
    口座名:
    高齢社会をよくする女性の会