更新日:2019年3月13日

更新履歴

3月13日更新
週間WABASNo.148 を追加しました。
3月12日更新
2019年3月例会のご案内 を追加しました。
1月18日更新
2019年新春例会のご案内 を追加しました。
1月18日更新
会報264号11月発行 を追加しました。
10月30日更新
歳末東京名物「女たちの討ち入りシンポ」のご案内 を追加しました。
10月30日更新
会報263号10月発行 を追加しました。
8月31日更新
2018年10月例会のご案内 を追加しました。
8月31日更新
「高齢者のクスリと今-服薬調査報告書から見る-」刊行のご案内 を追加しました。
8月31日更新
会報262号3月発行 を追加しました。
7月13日更新
第37回 高齢社会をよくする女性の会 全国大会in川越のご案内 を追加しました。
7月13日更新
2018年7月例会のご案内 を追加しました。
7月13日更新
会報261号6月発行 を追加しました。

注目情報

2019年3月例会「東京大震災-首都崩壊」
〜生活破壊をどう防ぐか〜

2019年3月例会ご案内チラシ
2019年3月例会ご案内チラシ

詳しくはコチラをご覧ください。

「週刊WABAS」第148号

その介護離職 おまちなさい
──介護離職防止キャンペーンイベント開催──

開会あいさつ、めざす会代表・高木剛氏
開会あいさつ、めざす会代表・高木剛氏

 2月6日(水)、久々の雨に見舞われた寒い一日でした。東京国際フォーラムロビーギャラリーに「〜その介護離職、おまちなさい〜」とひときわ大きな看板が立ちました。
 人生100年大介護時代、働く介護者は346万人、介護離職年間9.9万人という時代です。 せっかく就いた介護労働を辞めなくて済むように、家族の介護のために仕事を辞めざるをえなくされないように。多角的に多彩なプログラムが組まれた長丁場の1日でした。

 主催:「介護離職のない社会をめざす会」の共同代表を務める本会の樋口恵子理事長は、第1部で結城康博氏(淑徳大教授)と「その介護離職、おまちなさい」をトークセッション。第2部「職場へのメッセージのパネルディスカッション」、第3部「息子介護を考える講演会」、第4部「働く人へのメッセージのパネルディスカッション」が続きました。

 情報の探し方、介護保険のサービス・ケアプラン、介護と仕事の両立など12の相談コーナーのうち、わが会は労働相談を担当しました。仕事と介護についてのアンケート結果の展示と“みんなの声”を集めるコーナーの担当も本会。数こそ多くありませんでしたが貴重な声が寄せられました。
 広い意味で介護にかかわる企業からのブース出展も11社。IT活用のケアについての紹介もあり、まさに近未来の介護を体験するようでした。
 介護を必要とする市民とそれを応援する活動、介護に携わる事業所・従事者、介護関係企業が一堂に会し出合った相互の関係は、これからも有形、無形に社会に根づいていくと思わされた1日でした。

石毛^子(理事・めざす会担当)
「満席で立ち見まで出た第1部トークセッション
満席で立ち見まで出た第1部トークセッション

中央は、全体司会の佐藤千里(本会運営委員)
中央は、全体司会の佐藤千里(本会運営委員)


第1部出演者左から、堀家春野氏(NHK解説委員)、樋口理事長、結城康博氏(淑徳大学教授)
第1部出演者左から、
堀家春野氏(NHK解説委員)、
樋口理事長、結城康博氏(淑徳大学教授)
会場の国際フォーラムロビー 見るからに寒そう〜
会場の国際フォーラムロビー
見るからに寒そう〜

ご意見を書き、ご自身で貼ってくださった“貴重なご意見ボード”
ご意見を書き、ご自身で貼ってくださった
“貴重なご意見ボード”

ギネス認定されたアザラシ型ロボット「パロ」
世界一癒し効果のあるロボットとして
ギネス認定された アザラシ型ロボット
「パロ」ちゃんに癒される
木村民子・林千根(本会役員)