更新日:2017年12月28日

更新履歴

12月28日更新
「高齢者服薬調査」のご報告 を追加しました。
12月28日更新
会報258号11月発行 を追加しました。
11月24日更新
歳末東京名物「女たちの討ち入りシンポ」のご案内 を追加しました。
11月14日更新
週刊WABAS 第145号 を追加しました。
11月14日更新
会報257号10月発行 を追加しました。
11月14日更新
会報256号9月発行 を追加しました。
10月6日更新
「高齢者の服薬に関する実態調査」についてのお願い を追加しました。
8月10日更新
週刊WABAS 第144号 を追加しました。
8月1日更新
2017年8月例会のご案内 を追加しました。
8月1日更新
会報255号7月発行 を追加しました。

注目情報

「高齢者服薬調査」のご報告

 本会の「高齢者の服薬に関する実態調査」は、討ち入りシンポで単純集計のみの中間報告を行いましたが、その後クロス集計を加えたデータを、12月22日に開催された第5回「高齢者医薬品適正使用検討会」の席上、樋口理事長、石田理事より発表し、大きな感嘆と賛辞が寄せられました。
 高齢当事者の服薬に関する5000票を超すような大規模調査は、今までになかったことと、見えた実態・結果は真摯に受け止めていただけました。
 引き続き厚生記者会にて記者会見を行い、マスコミ関係にも発表させていただきました。


詳しくはコチラをご覧ください。

会報 258号 (2017年11月発行)

  • 11月例会 ドイツ介護保険20年>
    介護強化法にみる総合的パラダイムシフト
    〜山崎摩耶のドイツ視察報告〜/山崎摩耶
  • 「高齢者の服薬に関する実態調査」お礼/樋口恵子
  • グループ便り 高齢社会をよくする杵築の会 「わ」の会
  • 本の紹介・事務局だより

☆お陰さまで無事盛会にて終了いたしました。☆
詳しいことは会報1月号で報告いたします。

歳末東京名物「女たちの討ち入りシンポ」
聴け!感激の五千票の声
調査が拓く高齢者の医薬と健康の未来

「女たちの討ち入りシンポ」チラシ
歳末東京名物「女たちの討ち入りシンポ」
聴け!感激の五千票の声
調査が拓く高齢者の医薬と健康の未来
ご案内チラシ

詳しくはコチラをご覧ください。

(2017年12月28日 更新)

「週刊WABAS」第145号

「高齢者医薬品適正使用検討会」から生まれた
本会調査「高齢者の服薬に関する実態調査」回収終了

 第4回の高齢者医薬品適正使用検討会が、10月30日(月)厚労省内で開催され樋口恵子理事長が出席しました。高齢者の医薬品の適正使用を考えるこの会議メンバーは、医師・薬剤師・看護師など医療専門家が中心で、一般高齢当事者を代表する形で座るのは数人です。第1回の会議後、本会としては実態調査をして高齢当事者の声を届けてはどうか、との声が上がり総会に諮り今年度活動として取り上げられました。

 「いま高齢者は医薬品についてどんな思いを持っているのだろうか。困っていることは何か。これからどうしたいのか」など、あくまでも高齢当事者の服薬に関する実態調査として、去る9月から10月末日まで、調査が実施されました。

 現状と医薬品への要望をできるだけ正確に把握し、検討会や厚労省はもちろん、広く世に発信したい、とスタートした調査は、本会関係者機縁法によるもので、返信は封筒も切手も皆さまのカンパでお願いしたいという厚かましい方法でした。

 会員・関係者の皆さまは調査をお願いし、回収しながら、また次の方にお願いが広がり、回答回収は、なんと5,000票余にもなったのです。驚きは感動の渦となり、今事務局を取り囲んでいます。まさに善意とボランティアによるこの調査には、皆さまの医薬品に対する信頼も不安も将来への願いも、すべて本音の記述があるのではないかと、集計の結果を楽しみにしているところです。

 この場をお借りしまして、調査にご協力いただきましたご関係各位に、樋口理事長はじめ運営委員会一同、心からの御礼を申し上げる次第でございます。そして今年の歳末東京名物「女たちの討ち入りシンポ」はこの調査報告を軸に、楽しくにぎやかに討ち入りシンポを展開してまいります。12月16日(土)午後、日比谷公園内の日比谷コンベンションホールにぜひお出かけくださいますよう、お待ちいたしております。

「検討会での樋口理事長」
「検討会での樋口理事長」


樋口理事長の右は本会お馴染みの秋下雅弘先生
樋口理事長の右は
本会お馴染みの秋下雅弘先生

検討会開会寸前の全景です
検討会開会寸前の全景です

「回収締め切り日」に届いた調査票の山に、歓声を上げた運営委員会メンバーたち
「回収締め切り日」に届いた
調査票の山に歓声を上げた
運営委員会メンバーたち