更新日:2021年3月29日

更新履歴

3月29日更新
「注目情報」を更新しました。
2月28日更新
「注目情報」を更新しました。
会報279号を追加しました。
12月29日更新
「注目情報」を更新しました。
会報278号のお知らせを追加しました。
11月30日更新
「注目情報」を更新しました。
11月22日更新
「注目情報」を更新しました。
10月10日更新
「週間WABAS」を更新しました。
8月2日更新
「注目情報」を更新しました。
8月2日更新
会報275号〜276号を追加しました。
5月26日更新
「注目情報」を追加しました。
4月9日更新
会報271号〜274号を追加しました。
3月8日更新
「研究会・イベント」の延期情報を更新しました。
2月10日更新
「研究会・イベント」を更新しました。
1月28日更新
2020年新春例会(3月)のお知らせを追加しました。
1月18日更新
1.14院内集会終了のお知らせを追加しました。

注目情報

終了いたしました!! 第39回全国大会・東京大会


「週刊WABAS」第157号

長寿のお祝い会、90代は毎年お祝い会を

赤松先生91歳、樋口理事長88歳
赤松先生91歳、樋口理事長88歳

 人生100年時代を輝いて生きている先頭集団のトップランナー、赤松良子さん91歳、樋口恵子さん88歳、合わせて179歳のツーショットをご覧ください。

 お二人が尊敬する先輩、田中寿美子さん(日本の政治家・評論家、1909〜1995)について話が弾みます。もしご存命ならば110歳の田中先生。面倒見のよい先輩として若い人たちの活動を支援し、育てることにご尽力された田中先生には、よく手づくりの食事もご馳走になり、心も体も育ててもらったと振り返り、先生への惜しみない賛辞に終始しました。先生が晩年リュウマチの痛さに苦しまれたことだけはお手本に出来ないからと、赤松さんは、?病気をしないように気をつけ、健康のために近所の散歩を30分位している ?経済的なことは少し若い時から考えておく ?大事な友人仲間は若い人を探すことも大切「政治スクール・赤松塾」で教えることは楽しい、とお元気の秘訣を話されました。

 樋口さんは『老〜い、どん』(婦人之友社刊)がベストセラーとなり、その中で介護は要らないがちょっとの支援がほしい70代後期から90代初期を「ヨタヘロ期」と称して、その10年間にも及ぶ高齢者の生き方が日本の未来を決めると説き、「ヨタヘロ期」は流行語として独り歩きし始めました。

 まさにヨタヘロ期の大道を歩くお二人から出たのはなんと「88歳は米寿、90歳は卒寿、そのあとは99歳の白寿までお祝いがないことはつまらない」「新しくつくりましょう」なんていう? 「90代中間、いつでもどこでもみんなお祝い」「毎年お祝い会ができれば楽しいし、なければつくるのが私たちよね」元気の秘訣はここにもあり。

 赤松さん、これからの夢は?「晩年は本と花に囲まれていたいわね。まだ晩年ではないけど、本はよく読みます。ここに花が少ないなと思ったら私自身が花だと思えば…ね」究極の元気の秘訣、見つけました!


 ロビーの花
会場ロビーにあった生花。
お花が好きとおっしゃる赤松さんに
いつもオシャレで素敵な赤松さん
いつもおシャレで素敵な赤松さん