更新日:2017年10月6日

更新履歴

10月6日更新
「高齢者の服薬に関する実態調査」についてのお願い を追加しました。
8月10日更新
週刊WABAS 第144号 を追加しました。
8月1日更新
2017年8月例会のご案内 を追加しました。
8月1日更新
会報255号7月発行 を追加しました。
6月2日更新
2017年7月例会のご案内 を追加しました。
6月2日更新
第13回NPO法人高齢社会をよくする女性の会総会のご案内 を追加しました。
6月2日更新
会報254号5月発行 を追加しました。
4月17日更新
週刊WABAS 第143号 を追加しました。
4月4日更新
会報253号3月発行 を追加しました。
3月7日更新
2017年4月例会のご案内 を追加しました。

注目情報

「高齢者の服薬に関する実態調査」についてのお願い

 おかげさまで、全国大会も無事に終わりましたので、いよいよ高齢者と服薬について、実態調査のスタートです。
 すでに申し上げました通り、厚生労働省に「高齢者医薬品適正使用検討会」が発足し、本会も構成メンバーとして樋口が出席し、一般市民の声・高齢当事者の声を届けようと努力しております。
 つきましては、高齢当事者の服薬に関する現状と、医薬品への要望をできるだけ正確に把握したいと思い、別紙のとおり「高齢者の服薬に関する実態調査」を行うことといたしました。ぜひご協力をいただきたくお願いする次第でございます。



お願い文、対象、目的等はこちらをご覧ください。

アンケートはこちらです。(WORD版)

アンケートはこちらです。(PDF版)

2017年8月例会
薬と高齢者のよい関係とは?

2017年8月例会チラシ
2017年8月例会
薬と高齢者のよい関係とは?
ご案内チラシ

詳しくはコチラをご覧ください。

会報 255号 (2017年7月発行)

  • 2017(平成29)年度
    第13回NPO法人高齢社会をよくする女性の会定期総会報告
  • 定期総会報告 理事長挨拶、第1号議案〜第4号議案、その他
  • 記念講演「超高齢社会 人生の後半をどう生きるか」/鳥羽研二
  • グループ便り ながの高齢社会をよくする女性の会
  • 本の紹介・事務局だより

2017年7月例会
高齢者の薬剤と保険の経緯と
食事等についての行政の対応のご案内

2017年7月例会チラシ
2017年7月例会
高齢者の薬剤と保険の経緯と
食事等についての行政の対応
ご案内チラシ

詳しくはコチラをご覧ください。

(2017年8月 1日 更新)

「週刊WABAS」第144号

「介護を続けられる職場を 仕事を続けられる介護を」
――介護離職防止と働き方改革シンポジウム」開催──

 少し前になりますが7月20日に介護離職のない社会をめざす会の主催により標記のシンポジウムが開催されました。日本を代表するトップの政(厚生労働副大臣:橋本岳氏)、労(連合事務局長:逢見直人氏)、使(JTB取締役人事部長:花坂隆之氏)の三方の講演はとても厚みのある内容でした。橋本厚生労働副大臣からは介護離職ゼロに向けた取組み、仕事と介護の両立支援制度の見直し、直近の介護保険制度の見直しが紹介され、逢見連合事務局長は連合が行った仕事と介護の両立問題に関する実態調査の報告、政府の「働き方改革実行計画」に対する連合の評価を同一労働同一賃金の実現など12項目にわたって明示、介護離職をなくすための連合の取り組みも例えば育児・介護休業利用による不利益扱いの禁止などを明確に示されました。

 花坂JTB人事部長の労働力人口減少社会でのダイバーシテイ戦略はまさに“目から鱗”ともいえる企業戦略としてのワーク・ライフバランスの実現、10年の取り組みで育休取得は当たり前になり、現在は介護への取り組みに入っているとのことでした。

 三方の講演を受けて、めざす会の共同代表としてコ―ディネートを務めた本会樋口恵子理事長は、大介護時代がやってきている今日、年間10万人にも上る介護離職、隠れケアラーをなくしていくために「介護離職のない社会をめざす会」の見える化を、とシンポジウム開催の趣旨を集約しました。この場で会として橋本厚生労働副大臣に「平成30年度予算概算要求へ向けての要望書」提出を行いました。写真をご覧ください。要望書の全文をご覧になりたい方は「介護離職のない社会をめざす会」のホームページをご覧ください。
(石毛^子・記)

コーディネーターの樋口理事長
コーディネーターの樋口理事長

熱心にメモをとる参加者
熱心にメモをとる参加者

橋本岳厚生労働副大臣に要望書を提出
橋本岳厚生労働副大臣に要望書を提出

写真提供:「介護離職のない社会をめざす会」