更新日:2017年4月17日

更新履歴

4月17日更新
週刊WABAS 第143号 を追加しました。
4月4日更新
会報253号3月発行 を追加しました。
3月7日更新
2017年4月例会のご案内 を追加しました。
3月7日更新
会報252号 2月発行 を追加しました。
2月7日更新
「認知症の人とともに生きる社会に向けての研究会」 要望書を提出 を追加しました。
2月7日更新
週刊WABAS 第142号 を追加しました。
1月12日更新
会報251号 12月発行 を追加しました。
12月13日更新
会報249号 9月発行 を追加しました。
11月22日更新
東京歳末名物 女たちの討ち入りシンポ を追加しました。

注目情報

会報 253号 (2017年3月発行)

  • 2017新春例会―だまされまいぞ ご同輩―/阿南久
  • グループ便り  高齢社会をよくする女性の会・広島
  • 本の紹介
  • 事務局だより
(2017年4月 4日 更新)

2017年4月例会
高齢者消費者被害を防ぐ パート2
身元保証等高齢者サポート事業に関する
消費者問題について
(☆終了しました☆)

☆盛会にて無事終了いたしました。詳しくは次号会報で。



講師:
友行 啓子氏
(内閣府消費者委員会事務局企画官)
日  時:
2017年4月5日(水)13:30〜16:00(受付13:15〜)
会  場:
日比谷図書文化館 4階 スタジオプラス
参加費:
資料代として500円
定 員:
60名

詳しくはコチラをご覧ください。

会報 252号 (2017年2月発行)

  • 要望書提出の報告とお礼/樋口恵子
  • 認知症の人とともに生きる社会づくりへの要望書
    昨年3月1日認知症鉄道事故賠償裁判に関する最高裁判決を受けて
  • お悔やみ・全国大会のご案内・事務局だより
(2017年3月 7日 更新)

「週刊WABAS」第143号

<いよいよ今国会で成立なるか!>
「男女共同参画推進法案」 早期成立に向けて院内集会

 本会が役員団体をつとめる「クオータ制を推進する会(Qの会)」主催の院内集会が、わが国女性参政権行使71年の記念日である4月10日に開催された。

 まず「政治分野の男女共同参画推進法」の早期成立を求める要望書が採択され、手分けして与野党役員らへ提出団が出発。その間にQの会役員団体のトップを切って樋口理事長が力強いアピールを行った。

 「高齢社会をよくする女性の会は、女性議員の数を増やすために、20年来活動し取り組んできた。わが国ではいまや高齢者の女性の人口が多く、65歳以上では女性が6割、80歳を超えると男女の比率は2:1。しかし国会をみると、女性も少ないけれど75歳以上の議員がほとんどいない。後期高齢者医療制度ができた時、国会にも政府委員にも75歳以上の人は一人いるかいないかくらいだった。“Nothing About Us Without Us” 私たちのことを私たち抜きに決めないで。基本の「き」は、まず男女同数。まだまだ高齢者も頑張ろう。そして家族がいなくても、十分女性が生きていける社会にしよう。大は小を兼ねると言う。人数の多い女の方に合わせておけば、男も幸せになれる!」。会場は大拍手で盛り上がった。

 女性の尊厳を表す紫色をまとった約170人が集まり、国会も地方議会も女性議員が約1割の現状を変えていこうと気持ちを一つにした。   (佐藤千里・記)

赤松良子・Qの会代表、ごあいさつ
赤松良子・Qの会代表、ごあいさつ

役員団体代表発言者の皆さま
役員団体代表発言者の皆さま

法案早期成立をめざす要望書採択、石毛^子元国会議員
法案早期成立をめざす要望書採択、
石毛^子元国会議員

段々トーンが上がってきた樋口節に大拍手
段々トーンが上がってきた樋口節に大拍手


Qの会メンバーの記念撮影
Qの会メンバーの記念撮影
本会会員集合、パワー全開!
本会会員集合、パワー全開!